shungourmand

HOME >  BLOG >  シェフのダイアリー > 生ウニと卵!

生ウニと卵!

投稿者:  2014年10月29日

こんにちはー、小池です。

本日の~、まかないは~、

昨日の残り物とぉ~~~~~、

秋だ!気合の山椒辛熱メーーーーーーーン!

IMG_1381.JPG

さぁー、食べるのが先か?のびるのが先か?

早く食べたいけど、熱いので、なかなか食べられない。

食べたとしても、ソーメンを直接放り込んでいるので、

とろみが出てるから、さらに激熱!

しかも、辛い!

そー、激熱のバリ辛!

もー、ハナ水がとまらなーーーーーい。

 

予想通り、スタッフ、超苦戦してます。

取皿にでも取って、食べればいいのに…と思うんですが、

直に戦ってます。

ハナ水と汗が、ふき出してます。

おーーーっと、たった今、エンドーから悲鳴が!

のどちんこ、やけどしたらしいです。

おーーーーーっと、そして、チハールから怒号が!

汁が目に入ったみたいです。

この2人は、無事帰ってくることができるのか?

 

さて、生ウニと卵。

IMG_1382-0.JPG

シュングルマンの卵は、

茨城の奥久慈の卵です。

気に入って、かれこれ10年は使ってます。

あなどれないんですよねー、卵って。

生パスタとかは、大量に使うので、

普通の卵で作ったのと比べると、

味は、はっきり違います。

しかし、卵がメインのメニューは、なかなかに難しいもの。

朝食ならまだしも、夜になると…

 

そ・こ・で…

 

そば粉のクレープで、生ウニと卵のスクランブルエッグを くるっと包み、

アメリケーヌソースをぺろっとかければー、

ワインに合う卵メニューーーーーーー…

かもしれない。

オーダーが入ったら、クレープ焼いて、

生ウニと卵を、いい感じのスクランブルエッグにして、

クレープの上にのっけて、包んで、保温しといて、

ソースを温めて、皿に流して、出来上がりーーー!

って、1人でできるかっ!

あーー、メニュー変えなきゃ!