shungourmand

HOME >  BLOG >  シェフのダイアリー > 500日!

500日!

投稿者:  2017年06月9日

こんにちはー、小池です。

 

突然ですが、私、ニガウリが大好きです。

 

世田谷 砧界隈では、

『ニガウリ好きのニガミバシッタ

シャイなアンチクショウ

山本スーザン久美子』と呼ばれています。

(意味わからん。byスタッフ)

 

最近出回ってるやつは、苦みも少ないような

気もしますので、ブランシールもしません。

 

サルシッチャやら、タマネギやらと共に

炒めて、さっとナムプラーをたらして、

終わり。

酒の肴にもってこいでがんす。

 

そして、私のお気に入りは、

カレーと一緒に食べるパターン。

ゴーヤの苦みが、うちで使ってるスパイスに、

よく合うー。

この時期になると、必ず食べます。

ぜひおためしあれー。

ゴーヤばんざい!

 

(めずらしくそんなに推してるなら、

ランチで出せよ…。)byスタッフ

(いやだっぺ。)byシェフ

 

はいー、試作してて思い出したので、

めずらしく料理の写真。

 

柔らかく煮込んだ 仔牛タンの瞬間燻製。

ソースは、フォンドヴォーに、マディラ、ポートなど。

いわゆるタンシチューのイメージですね。

 

コレには、こんなやりとりが…。

 

『おい、タンシチュー、メニューに載せろ。』(スタッフ)

 

『暑いぞ?夏だぞ?

煮込みより、グリルして、

ヴィネガーをきかせたソースで・・・』(シェフ)

 

『夏にタンシチューが、原宿あたりで流行ってんだよ。』(スタッフ)

 

『別に原宿で流行ってたって、

あの辺の客層とは、うちは違うぞ?』(シェフ)

 

『横浜でも流行ってんだけどねー。』(スタッフ)

 

『・・・ナニ?

ヨコハマ…。

生まれ故郷の…。』(シェフ)

 

『どーすんだよ?』(スタッフ)

 

『・・・リスト オーーーーン!』(シェフ)

 

ということで、長らくしょっちゅう

メニューに載ってます。

 

あと、この手のソース

ベースを仕込んでおくと、

急なお子様の料理にも対応しやすいですな。

 

それではみなさん、よい週末をー。

 

(こんなにまともに料理のこと

ブログに書いたの、

500日ぶりくらいじゃね?)byエンドー

(明日は、雨だな…。)byヤマロー