shungourmand

HOME >  BLOG >  シェフのダイアリー > ハードボイルド!〜予感編〜

ハードボイルド!〜予感編〜

投稿者:  2016年02月25日

俊一郎は八王子にいた。

路線を変えて、横浜線で横浜に行くためだ。

 

『ふー、ここが八王子か…。

サブちゃんとか、ヒロミとか、

ユーミンとか、ファンモンとか、

いんだよなー、たしか。』

 

そう呟きながら、チェリオを一気に飲み干し、

のどの渇きを潤す。

ハードボイルドである。

 

しかし、肝心の駅が見つからない…。

ちょっと聞いてみよう。

 

『あのー、すいまーせんー。

横浜に行きたいんですけどー。』

 

『あー、横浜線?OK!

そこ曲がるじゃん!まっすぐじゃん!

左曲がるじゃん!まっすぐじゃん!

階段昇るじゃん!そこが駅だっつーの!』

 

『・・・・・・あざす・・・。』

 

俊一郎は教わった通りに歩いていき、

ようやく駅を見つけた。

 

『ふー、やっとハマに行けるぜ…。

えっとー、東神奈川で乗り換えか…。よし。』

 

そして、横浜線は動き出した。

 

♪次は~、小机~、小机~♪

 

『小机…。確か小机は、日産スタジアムが

あるんだよな。うおっ、スタジアム見えた。

初めて来たぜ。

サッカーの試合でもやってないかな。

まだ時間もあるし、ぶらり途中下車するか…。』

 

『いやっ!ダメだ!

ロクなことが起きない気がする。

おとなしく東神奈川まで行って、

乗り換えるんだ!』

 

♪次は~、新横浜~、新横浜~♪

 

『あっ!あれは!』

 

その時であった。

 

つづく