shungourmand

HOME >  BLOG >  シェフのダイアリー > 故郷!

故郷!

投稿者:  2014年07月29日

こんにちは、シェフの小池です。

 

今日のまかないは、肉じゃが。

 

肉じゃがといえば、各家庭で味が いろいろ違うと思いますが、

私の故郷 九州は佐賀県の牛津町の母ちゃんは、

牛の血管(田舎では『せんぼこ』と言っていた)、

これをたっぷり入れて、とろとろになるまで煮込むんだけど、

今、思い出しても、がばいうまかった記憶がある。

 

昔は、内臓が安価で手に入ったろうし、

肉屋関係の仕事もしてたんだろう。

牛のアキレスがスキヤキに入ってたり、

ハラミで野菜炒めなど、今から考えれば、とてもぜいたくだなー。

 

そんな事を考えていたら、自然に肉の事を学んでいたんだなーと思った。

 

いとこの明おじさんは、自分でカモを鉄砲で撃って、

毛をむしって、さばいて、ぶつ切りにして、

鍋でコトコト煮たものを家族で食べてた。

あの鴨鍋の野性味あふれる味と、独特の香りが忘れられない。

 

ふるさとの人達、ありがとう。ほんなごて!

 

20140729-152049-55249388.jpg