shungourmand

HOME >  BLOG >  シェフのダイアリー > ハードボイルド!~ロックの巻~

ハードボイルド!~ロックの巻~

投稿者:  2015年09月1日

俊一郎は熟考していた。

いいかげん、横浜に行くべきだと…。

そう、生まれ故郷に…。

 

自室の冷蔵庫から、氷のかたまりを取り出し、

アイスピックで丸く削る。

こだわりのある男である。

 

丸くかたどった氷を、ロックグラスに入れた。

 

『うむ、サイズもちょうどいいな…。』

 

そこに、そばつゆをいれ、ワサビを溶き、

一気に胃袋にぶち込んだ。

ハードボイルドである。

 

前回、無銭飲食してしまったことも、

今となっては、いい思い出だ。

 

『さて、どうしたもんか…。』

 

♪ピンポーン、ピンポーン♪

 

『ん?…お、来客か…。』

 

5階の自室から、エレベーターで1階に行き、

玄関を豪快に開けた。

 

『どもー。宅配サービスの

ハッピーハッピーでーす。』

 

そうだった!食材を注文していたのだった。

考えてみたら、朝から何も食べていない。

 

俊一郎は、キッチンに行き、

大好物のそばをゆで始めた。

長野産の新そばだ。

 

たっぷりの沸騰したお湯の中で、

麺がまわるようにゆでる。

火加減を調節しつつ、

ゆであがりを見極める。

 

『今だっ!』

 

ザルにとって、冷水でざっと洗い、

そのあと、氷水でパリッとしめる。

しめ過ぎは禁物だ!

常温より、やや冷たいくらいが、

そばの香りがたってよい。

 

『おっと、そば湯もとっとかないとな。』

 

刻みのりと、すりおろした静岡の生ワサビを

そばに美しく盛り付ける。

 

『そばつゆを…。』

『ん?そばつゆを用意し…。』

『ん゛ん゛ん゛・・・・・・・。』

 

『きゃぁぁぁぁぁぁぁぁーーーー

さっき、飲んじゃった!』

 

前の日から仕込んで、

寝かせていたそばつゆを、

俊一郎はすでに豪快に飲み干していた。

 

俊一郎は、ショックで、

おかしくなってしまった。

 

『あ~、ちょうちょ!

ちょうちょが見えるよ~。

あ~、あ~。』

 (もう横浜のかけらもない…。byエンドー)

(逆に佐賀なら、すぐ行けたりして…。byチハル)