shungourmand

HOME >  BLOG >  シェフのダイアリー > モンスターエンジン!

モンスターエンジン!

投稿者:  2015年07月29日

俊一郎は、窓から灼熱の景色を眺めていた。

連日の猛暑で、やや疲れ気味だ。

前回、階段を踏み外したことも

今となっては、いい思い出である。

 

『さぁーて、ランチにするか・・・。

ふーむ、何にしようか?

こう暑いと、何か

スタミナのつくものがいいな・・・。

よし!行くか!中華街!

生まれ故郷の横浜に!』

 

俊一郎は、ゆっくりと部屋を出て

ゆっくりと廊下を歩き、

慎重に階段を下りた。

 

『バイクはちょっと暑いな・・・。

今日はコルベットで行くか・・・。』

すばやく愛車に乗り込み、

エンジンをかける。

と、同時に、モンスターエンジンの咆哮が

空気を切り裂く。

『ふむ、行くか。』

 

車は246から第三京浜へと向かっていた。

その時であった!

 

『ぐぅっ!うーーーーっ!

お、お腹が・・・。

@*%#”&;?!*・・・

くぅーーーーーっ!』

 

『はぁーぅ!大丈夫×2

もうちょい!

もうちょっ! ちょっ ちっ・・・』

 

『きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーー』

 

俊一郎は、またしても

横浜にたどり着けないのであった。