shungourmand

HOME >  BLOG >  シェフのダイアリー > かーちゃん!

かーちゃん!

投稿者:  2015年06月25日

こんにちはー、小池です。

昨日、ディナーでメディアの方が撮った、

ピーク時の私。

ゴリラヅラのおっさん。

フラフラやんけ!

フラッフラやんけ!

ハゲとるやないかい!

ハゲとるぞーーーーー!

・・・・・・・・・

それはさておき、

ある日の日曜日の出来事。

家に帰ったら、嫁が『イカせんべ』食べてました。

そして、昼飯に、『焼いたイカ』が出てきて、

食後のスイーツに『イカせんべ』食べてました。

私、考えました。

なぜ、こんなにイカ、スキなんだろー?

私、調べました。

そしたら、日本人の魚介の消費量、

イカを一番食べているという現実。

コレダ!イカス!

そして、1ヵ月かけて完成しました。

スペシャリテ!

旬のイカと根セロリ、肝とスミ『サルミソース』!

赤ワインをミロワールまでつめ、

フォンドヴォーを加え、

軽くつめたところに、

肝、エンペラ、ゲソをベルモットでフランベして、

スミを加え、それを煮込んだものに加え、

軽くつめて、一旦冷まし、

フォアグラ、鶏レバー、豚血を少々加えて、

ミキサーにかけ、うらごしして、

また温めて、コニャックでリエゾン!

そして、根セロリのピュレの上に、

海藻バターでアロゼしたアオリイカを乗っけて、

回りにソースサルミ。

 

見た目はすごくシンプルですが、

気合入ってると思います。

イカにちょいと根セロリを乗っけて、

ソースサルミをべろんとつけて、

食べてもらいたいです。

酒のみなら、喜んでもらえると思います。

ちなみに、私、酒のみです。

 

この料理の原点は、ジビエ。

ジビエ同様、捨てるところのないイカを

丸ごと使って、『真鴨のシヴェソース』の

イメージで仕上げました。

おかげさまで、今のところ、評判は上々です。

やりつづけて、シュングルマンのスペシャリテに

なればいいなーと思います。

かーちゃん、ありがとうぅーー!

P.S.かーちゃんとは、

私の会社『シュンサンス』の

副社長です。